カードファイト!!ヴァンガード クリスマスファイト結果 12/24

皆さんのもとにサンタクロースは来ましたでしょうか?
僕のところにはアタッシュケース持った怖いお兄さんが来ました(;゚Д゚)ヤベー
そんな感じでにゃるさわです。
去年に引き続き今年も開催しました!
クリスマスファイト!!!!
今年はタッグ戦、個人戦の二部構成。
そしてその後はお楽しみビンゴ大会(・∀・)
一年の総決算ということでいろいろ放出させて頂きました。

タッグ戦28チーム/56人、5回戦
個人戦53人、6回戦
と非常に多くの方にお集りいただきました。
おかげ様で席が足りなくなるハプニングが(;´Д`)
急遽増設しての対応となりましたが、参加者の皆様にはご迷惑をおかけしましたm(_ _)m
今後の大会運営に活かしていければと思います。

今回の大会は事前に告知したとおり1/1以降の新ファイターズルールを先取りしての開催となりました。
次の環境を占う上でも非常に大事な大会となったかと思います。

それではまずタッグファイトの大会結果からお届け!

1224TAG.jpg
※うしろの不気味なおっさんはBSプレイヤーの「フィード」さん。こんな顔面だけど心優しい人なんで仲良くしてあげてね!!(*´∀`*)

1位・・・ダクソ勢
   (イトウ ショウ、ナカムラ ユウキ)

2位・・・ナスマーチ
   (サトウ コウヘイ、クドウ ヒロム)

3位・・・デスペラードエンペラーズ
   (サトウ コウキ、ナカムラ ヒロキ)


見事28チームの頂上に輝いたのは、
イトショーが明らかに足を引っ張ってる「ダクソ勢」だ!!
おめでとうございます(ゝω・)
※デッキタイプを聞くの忘れてました。゚(゚ノω`゚)゚。ご本人かお知り合いの方はデッキタイプをコメントいただけると幸いですm(_ _)m

徐々にファイター達に浸透してきてるタッグファイト。
今後も非公認で大会を開いていければと思います(・∀・)


そしてお待ちかね個人戦の結果をお届け!!
1/1以降の環境で活躍するデッキタイプは如何に!?
※今回は特殊な手札交換を採用し、ライド事故が起き難いルールではありますが(;・∀・)

1224VG_20121229213809.jpg
※写真撮るときにタナカさん帰られてたんで代理としてMtg勢のテライさんに写って頂きました。
 こんな残念な感じな人ですけどそろそろ三十路の階段上るらしいので生暖かい目で見守ってあげてください(*´・ω・)

1位・・・サトウ コウキ

2位・・・イシザキ ノリユキ
   タナカ ナオキ

優秀はタッグ戦でも3位に入賞したサトウ コウキさんだ!!
おめでとうございます(*´∀`*)ゞ

決勝戦はゴールドパラディンvsゴールドパラディンの同系対決。
5回戦を勝ち抜いてきた事からもその安定性が伺える。
新TDの発売も決定しており、今後も継続的に強化がされる事でしょう。
「竜騎激突」で完全ガード《光輪の盾 マルク》が再録し入手しやすくなったのも追い風ですね。

今回は試合の流れをメモって置いたのでカバレージ形式でお届け。
めったに書かないので臨場感をお伝えできるか非常に微妙ですが(;゚Д゚)



総勢53名のファイターの頂点を決める戦いが今火蓋を切って落とされる。
決勝戦のマッチは「ゴールドパラディン」同系戦。

先に動きを見せたのは先行サトウ コウキ(以下サトウ)の第2ターン。
ヴァンガードに《聖弓の奏者 ヴィヴィアン》をライド。
《ちゃーじがる》のブーストを付けた状態でアタック。
これをタナカ ナオキ(以下タナカ)はノーガード。
すかさずサトウは《聖弓の奏者 ヴィヴィアン》のスキルを発動。
捲れたカードは《光輝の獅子 プラチナエイゼル》
さらに追撃に出るが、今度はガード。
盤面のアドバンテージを稼ぎターンを返す。

対してタナカはヴァンガード《激情の騎士 バグデマス》で《光輝の獅子 プラチナエイゼル》対処。
トリガーチェックで捲れたクリティカルトリガーを、
このターンリアガードにコールしておいた《マスター・オブ・ペイン》に乗せる。
そのままヴァンガードにアタックを通し2点を叩き込む。

だが、この2点によりサトウは《大いなる銀狼 ガルモール》のライド時スキルを使えることとなる。
しばし盤面を見渡した後、デッキから《神技の騎士 ボーマン》をリアガードにコール。
さらに《聖弓の奏者ヴィヴィアン》をリアガードにコールを前列リアガードを埋める。
《大いなる銀狼 ガルモール》《神技の騎士 ボーマン》でお返しとばかりに2点をタナカに与える。
これにより両者ダメージ3点。
リミットブレイクを発動させないギリギリの所で攻防だ。

返すターンでタナカは《灼熱の獅子 ブロンドエイゼル》にライド。
カウンターブラスト分のコストはあるものの、ダメージは3点。
残念だがこのターン、リミットブレイクは発動できない。
《激情の騎士 バグデマス》をコールし、こちらも前列リアガードを充実させる。
ヴァンガードのアタック時のトリガーチェックでクリティカルトリガーが捲れた事でゲームは一気に緊張度を増す。
サトウのダメージは5点。既に後が無い。
その後リアガードのアタックは手札からのガーディアンと《聖弓の奏者 ヴィヴィアン》のインターセプトで耐えしのぐ。
サトウはこのターンで2点を食らい、その上リアガードを1枚失う。

後の無いサトウは戦線の追加と、守りの強化のために《守護聖獣 ネメアライオン》を送り込む。
ダメージが5点となり《大いなる銀狼 ガルモール》のリミットブレイクが発動。
アタック時+5000が解禁となる。
1点のダメージと1枚の手札失わせ、そして《マスター・オブ・ペイン》をインターセプトに使用させこのターンを返すこととなる。
これによりタナカのダメージは4点。
獅子は眠りから目を覚ますこととなる。

山札の上より《エリクサー・ソムリエ》をリアガードにスペリオルコール。
これには流石のタナカも苦笑いを見せる。
ダメージ的には優先してるとはいえ、ヒールトリガーを失うことは痛い。
この《エリクサー・ソムリエ》をカウンターブラストを1回使用した《すれいがる・ダガー》でブーストし、
先ほどコールされた《守護聖獣 ネメアライオン》を対処する。
さらにヴァンガード《灼熱の獅子 ブロンドエイゼル》でアタック。
スペリオルコールされた《エリクサー・ソムリエ》で+5000、
リアガードが全て埋まっているため+5000
さらに《紅の小獅子 キルフ》のブーストを含め合計24000の高打点でサトウのヴァンガードに襲い掛かる。
これはノータイムで《光輪の盾 マルク》をガーディアンサークルにコール。
この時サトウの手札は、
《光輪の盾 マルク》
《すれいがる・ダガー》×2
《美技の騎士 ガレス》
《灼熱の獅子 ブロンドエイゼル》
の5枚。
少し考えた後《すれいがる・ダガー》をコストとして手札からドロップゾーンへと送る。
さらに《激情の騎士 バグデマス》《美技の騎士 ガレス》の20000ラインのアタックを、
《光輪の盾 マルク》で完全ガード。
コストは先ほどと同じく《すれいがる・ダガー》。

手札の枚数的にも後が無くなったサトウは《灼熱の獅子 ブロンドエイゼル》と《美技の騎士 ガレス》をリアガードにコール。
出来ることならこのターンで終らせたいところだ。
ヴァンガード《大いなる銀狼 ガルモール》アタック時にブーストの《ちゃーじがる》が遂にその楔を解き放つ。
ソウルブラストと引き換えに+5000を得、合計26000の高出力で相手に牙を剥く。
しかしタナカも手札は6枚と比較的潤沢。コウキの手札の枚数を聞きどのようにガードを出すかプランを立てる。
その後手札からコールされたのは合計ガード値25000。
サトウが2枚のトリガーを捲ることがなければ防げる数値だ。
ダメージも4点、手札も残り3枚。
意を決しサトウがトリガーチェックへと進む。
1枚目に捲れたのは《サイレント・パニッシャー》。クリティカルトリガーだ。
その瞬間周りで見ていた観客にもどよめきが起こる。
もし2枚目でトリガーを引くことが出来ればぴったしタナカをゲームエンドまで追いやれる。
が、もし2枚目にトリガーが捲れなかった場合はヴァンガードに乗せた+5000は無駄な物となる。
安全策を講じ、効果は全てリアガードの《神技の騎士 ボーマン》(後列は《美技の騎士 ガレス》)に。
さらに2枚目のトリガーチェック。
捲れたカードは《フレイム・オブ・ビクトリー》。またもクリティカルトリガーだ。
今度は逆側のリアガード《灼熱の獅子 ブロンドエイゼル》(ブーストは《紅の小獅子 キルフ》)へ。
これによりリアガード2列ともパワー20000越え、さらにクリティカル+1の強烈なラインへと昇華する。
《灼熱の獅子 ブロンドエイゼル》がタナカのヴァンガードに止めを刺しにアタック。
手札、ドロップゾーン、ダメージゾーンを確認し、
タナカはヒールトリガーが捲れることに賭けノーガード。
ダメージトリガーチェック1枚目は《フレイム・オブ・ビクトリー》。
トリガーユニットだがヒールトリガーでは無い。
しかし考えてもみて欲しい。もし2枚目にヒールトリガーが捲れたならば、
このトリガーは逆転への布石となるだろう。
運命の2枚目。
捲れたカードは《激情の騎士 バグデマス》。
ヒールトリガーは微笑むことは無かった。

ゲーム終了後タナカは自信の手札をオープンした。
そこには《光輝の獅子 プラチナエイゼル》と10000ガードの姿が。
もし2枚目にヒールトリガーが捲れてたなら結果はまったく違ったものとなってただろう。

かくして全6回戦にも及ぶクリスマスファイトは幕を下ろしたのである。


と、こんな感じでどうでしょうか(´Д`ι
普段書くことも無いので歪な文章で申し訳ないですが、熱戦の一部だけでも感じて頂ければと思います。

それでは優勝したサトウ コウキさんのデッキをお届け!
次の環境で良く目にする事であろう「ゴールドパラディン」のスタンダードなデッキだ。

デッキ使用者:サトウ コウキ
デッキ名:プラチナと名前がかぶっとる……
デッキタイプ:臨機応変に頑張って行けたら良いなと思います(´・ω・`)

・グレード3
3 光輝の獅子 プラチナエイゼル
2 灼熱の獅子 ブロンドエイゼル
2 大いなる銀狼 ガルモール

・グレード2
4 神技の騎士 ボーマン
3 聖弓の奏者 ヴィヴィアン
2 ブラスター・ブレード・スピリット
2 守護聖獣 ネメアライオン

・グレード1
4 美技の騎士 ガレス
4 光輪の盾 マルク
3 すれいがる・ダガー
2 ちゃーじがる
1 真実の聴き手 ディンドラン
1 断崖の旋風 サグラモール

・グレード0
1 紅の小獅子 キルフ
4 フレイム・オブ・ビクトリー(C)
4 エリクサー・ソムリエ(H)
2 サイレント・パニッシャー(C)
2 だんてがる(C)
2 武器商人 グイディオン(D)
2 蒼穹のファルコンナイト(D)

比較的オーソドックスなタイプの「ゴールドパラディン」
グレード1と2に散らばされたカード群は主に《大いなる銀狼 ガルモール》のサーチ対象。
デッキタイプに書いてあるとおり臨機応変に戦うことが可能だろう。

おまけ!
クラン使用人数まとめ
・ノヴァグラップラー 4
・ゴールドパラディン 6
・ダークイレギュラーズ 2
・バミューダ△ 1
・オラクルシンクタンク 13
・むらくも 4
・ディメンションポリス 2
・アクアフォース 3
・なるかみ 5
・スパイクブラザーズ 2
・ネオネクタール 3
・エンジェルフェザー 2
・シャドウパラディン 2
・ペイルムーン 2
・ロイヤルパラディン 1
・エーデルガンス 1

おまけ2
回戦毎TOP使用クラン

4回戦TOP7使用クラン
・むらくも 2
・ゴールドパラディン 2
・オラクルシンクタンク 2
・なるかみ 1

5回戦TOP4使用クラン
・むらくも 1
・ゴールドパラディン 2
・オラクルシンクタンク 1

おまけ3
5回戦TOP組み合わせと勝者
1.ゴールドパラディン○ vs オラクルシンクタンク×
2.ゴールドパラディン○ VS むらくも×

そんな訳でにゃるさわが緑茶飲みながらお届けしましたー(*´・ω・)カテインキター

コメント

サトウ コウキ

3位デスペのサトウです

サトウ→ゴルパラ(個人戦と同じ軸)
ナカムラ→アクアフォース(トライスティンガー軸)

ゲロンパ

タッグはイトショー→ココ、ナカムラさん→アルボロス
リュウさん→ココ、クドウ君→シャドパラ
だよー

にゃるさわ

Re: タイトルなし
> うん、確かに残念な画像だ。サングラスが死ぬほど似合ってねぇわ。
これはこれで美味しいと思いますよwww
次は普通に大会参加でいきましょう(・∀・)

タナカさん代理

うん、確かに残念な画像だ。サングラスが死ぬほど似合ってねぇわ。
非公開コメント

プロフィール

カードショップデュエルガルドWEB担当

新潟のカードショップ「デュエルガルド」のブログになります。
各種カードゲームの大会告知やその結果、新商品の情報などをお知らせしたいなぁ、と。
シングルカードの通信販売も始めてしまいました・・・。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

シングルカード販売「がるど通販部」

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

主に「バトスピ」「ヴァンガード」「バディファイト」を中心に、気が向いた時だけ「遊戯王」とか「MtG」とか「ガンダムウォー(!?)」とか出品したいと思いますので忘れていいことだと思います。